引きこもりから社会復帰するヒントはバイト

引きこもりの中高生が増えています。引きこもりがそのまま大人になり、40歳になってもひきこもりを続ける人もいれば、しっかりと途中で脱出して社会復帰を果たす人もいるようです。社会復帰を考える場合、まず何かきっかけをつかまなくてはなかなか一歩が踏み出せません。
社会復帰をする方法の一つに、外で働くことがあります。しかし、いきなり正社員を目指して働こうとしても難しいため、まずはバイトからはじめるのが順番的には正しいということになるでしょう。バイトにもいろいろありますが、間違えても接客などのように人と接するような仕事からはじめてはいけません。おそらく、1日でやめることになるでしょう。それよりも、できるだけ人と話しをしない仕事のほうが、引きこもりの人にとっては優れているといえます。
その一つが、工場のバイトです。工場のバイトは、基本的には話をするのは業務的な話だけで、わざわざ工場でコミュニケーションを取る人もあまりいません。黙々と行う作業が多いため、集中力は必要とします。
警備員も割と人と接することが少ない仕事として知られています。ただし、警備員の場合は真夏に炎天下の下で交通整理をすることが多くなります。今や警備員の8割は交通整理をしており、ビルの管理などの警備員のほうが少ないのです。もし、管理人室で一人でビルの管理をしたい場合は、警備会社をしっかり選びましょう。交通整理をしない警備会社を選べば、ビル管理のバイトができる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です